top of page
検索

傷害に対するアイシングの部位





アイシングは、基本的には全身のあらゆる部位が対象といえます。ここでは、傷害に対する主なアイシングの部位を急性、慢性に分類して紹介します。




急性の傷害へのアイシング

痛みを抑え二次的損傷を防ぐアイシングは、捻挫や肉離れなど、急な怪我に有効です。ただし、傷害の程度が重い場合は、直ちに医療機関へ行き、専門医の適切な診断と治療を受けることが重要です。



スポーツ関連の急性傷害の主な部位と疾患・症状


慢性の傷害へのアイシング

スポーツマンの慢性の傷害は、同じ動作を繰り返すことによる炎症や、特定の部位の使いすぎによる損傷(オーバーユース症候群)が原因であることが多いです。



スポーツ関連の慢性傷害の主な部位と疾患・症状


具体的なアイシング方法については、いずれまた個々の部位・傷害別に紹介したいと思います。


参考:

・山本利春, 吉永孝徳 スポーツアイシング 大修館書店: 2011

・吉永孝徳 スポーツ・アイシング ナツメ社: 2002

Commenti


bottom of page